人生初の胃カメラ

どうも、たけっちです。

ご無沙汰しております。

先日、人生初の胃カメラを体験しました。

「何となく胃が痛いな~」という時期が続いていたため、不安になって近所の内科を受診したんです。

そしたら先生が

「胃カメラの経験ある?無いなら一回やっとこうか」

などと、とっても気軽に勧めてきたため、とっさに断れませんでした。

 

胃カメラといえば、

「苦しい」「つらい」

そんなイメージをお持ちの方も多いはず。

しかし…ご安心下さい!

現在は検査方法も色々進歩しておりまして、

私たちにとって苦痛・負担の少ない検査が受けられるようになっています。

 

①経鼻胃カメラ

従来の経口胃カメラと違って、嘔吐反射も出ません。

また、経口胃カメラでは、

検査中は口や喉にカメラのケーブルがずっと通ったままなので、基本的に「あー」「おー」くらいしか喋れませんが、

経鼻胃カメラならお医者さんと会話しながら検査ができます。これは助かる!

(ただし、口からの胃カメラと比較して、小型のカメラになるので、検査精度は若干劣るという欠点はあるようです。)

②鎮静剤

これは経口胃カメラを受ける際に使うか使わないかを選べます。

点滴や注射などで鎮静剤を打って、

「半分眠ったような状態」で検査を受けられるというものですね。

完全に寝てしまう人から、「なんだか眠いな」くらいの人まで様々らしいです。

検査精度の観点から経口胃カメラを選びたいけど、やっぱり不安・・・

という方にピッタリ!

(ただし、車で運転して帰るのはダメって言われるかも?)

希望からの「無」

 

ところがですね。

私の行ったクリニックでは・・・

どちらも非対応。

ああ良かった!

歴史、実績のある従来通りの検査方法になって良かった!

鎮静剤も打たないから車ですぐ帰れるし!よっしゃぁ!

1週間後に検査の予約を済ませ、帰宅しました。

 

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA